ファビオ パスタソース
ファビオ パスタソース
ファビオ パスタソース
ファビオ パスタソース
ファビオ パスタソース
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ファビオ パスタソース
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ファビオ パスタソース
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ファビオ パスタソース
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ファビオ パスタソース
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ファビオ パスタソース

<第三弾受注スタート>ファビオ パスタソース(2食セット)

通常価格
¥3,240
販売価格
¥3,240
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

この商品は予約商品です

<第一弾受注><第二弾受注>につきましてはご好評のため、終了いたしました。 <第三弾受注>7月上旬から随時発送となります。


:::: 実力派シェフ ファビオ氏の完全オリジナルレシピを再現。豚ひき肉とンドゥイヤのアラビアータ:::: 

本場イタリアのレストランを星付きに導いた経験を持つシェフ ファビオ氏。

その経験を余すところなくつぎ込んだ「豚ひき肉とンドゥイヤのアラビアータ」です。

ファビオ氏がYouTubeチャンネル「ファビオ飯」で発信しているレシピを完全再現しています。

辛味にはイタリアカラブリア州で作られている発酵調味料「ンドゥイヤ」のペーストとカラブリア産唐辛子、韓国産唐辛子を使用。

豚バラ肉と唐辛子を発酵させた伝統調味料「ンドゥイヤ」は辛さの中にも熟成された旨味があり、トマトソースと鮎の魚醤と合わさることで、コクのある奥深い味わいになります。さらに粗びきの豚肉を足すことで、ボリューミーで、一皿で満足できるパスタソースに仕上げました。


ペンネを始めとするショートパスタに合わせてお召し上がりください。

湯煎で10分程度解凍した後のソースと、パッケージの表示通りに茹でたパスタをフライパン(中火)の上で合わせるだけの簡単調理で、イタリアのレストランの味が再現できます。


ペアリングにはきりっと冷やした辛めのスパークリングワイン、または果実味のしっかりしたカベルネ・ソーヴィニョンなどの赤ワインがおすすめです。アラビアータの辛味を断ち切りながらも、旨味の相乗効果で深い味わいを感じることができます。

 

::: YouTubeチャンネル「ファビオ飯」で人気のヤリイカとセミドライトマトのクリームペペロンチーノ :::
実力派シェフ ファビオ氏がYouTubeチャンネル「ファビオ飯」で発信している完全オリジナルレシピを再現したパスタソース「ヤリイカとセミドライトマトのクリームペペロンチーノ」。

白濁したクリームタイプのペペロンチーノソースは、イタリアでは一般的な油分と水分を乳化させたもの。本場を知るシェフはその味わいを鮎の魚醤を使いさらに深化させました。

ヤリイカとドライトマトも具材に加え、旨味をさらにアップ。ニンニクの香りと唐辛子の辛味を感じながらも、重層的な味わいは紛れもなく本場のレストランの味。ペペロンチーノでもべたつかず、さらっとした口当たりで、最後まで飽きることなく食べ進められます。


利用するパスタは、表面が荒いブロンズダイスの太めのものがおすすめ。パッケージの表記より1分早めに上げ、フライパン(中火)の上で、湯煎で10分程度解凍した後のソースと合わせ、旨味をパスタに吸わせましょう。

ペアリングには、きりっと冷やした重めのスパークリングワイン、またはシャルドネなどの辛口の白ワインがおすすめです。

辛味を緩和しながらも、パスタとワインの味わいの奥行きを味わうことができます。また、バケットのご用意もお忘れなく。お皿に残ったソースをバケットで拭うと、即席ながらも極上のガーリックフランスを味わうことができます。

 

セット内容

豚ひき肉とンドゥイヤのアラビアータ

100g

ヤリイカとセミドライトマトのクリームペペロンチーノ 180g

(写真の盛り付けは含まれません)

成分表示

名称  パスタソース(アラビアータ)
原材料名

ホールトマト、豚肉、植物油、サラミソーセージ、にんにく、魚醤、きび砂糖、パセリ、食塩、乾燥唐辛子、ブラックペッパー、一味/香料、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na、硝酸K)、(一部に豚肉・魚介類を含む)

 

名称  パスタソース(ペペロンチーノ)
原材料名

あさりジュース、トマト、ヤリイカ、植物油、にんにく、魚醤、パセリ、だし昆布、乾燥唐辛子、食塩、(一部にいか、魚介類を含む)

 

賞味期限:約3ヶ月

到着後はお早めにお召し上がりください。

 

解凍方法

たっぷりのお湯を沸かし、10分程度湯煎にて温めを行ってください。
※美味しい状態でお召し上がりいただくために、電子レンジでの解凍はお控えください。


<調理時ご注意ください>
食感や風味が損なわれにくい、「湯煎」での調理を推奨しております。
解凍したら、その日中にお召し上がりください。商品を温める際には、やけどにご注意ください。

 

 

開発秘話 / アレンジレシピ / 合わせたいお酒

などのプレミアムコンテンツは「公式LINE@」にてご紹介予定



お客様の声

Based on 3 reviews レビューを書く